++ed by:

1 non-PAUSE user.

Ben Bullock

名前

Date::Qreki - 新旧暦変換

書式

    use utf8;
    use Date::Qreki ':all';
    my @qreki = calc_kyureki (2017, 1, 31);
    print "Old calendar $qreki[0] $qreki[2] $qreki[3]\n";
    

はこういう出力を作る:

    Old calendar 2017 1 4

(この例はsynopsis.plとしてディストロにある。)

バーション

当説明はDate::Qrekiの0.07バーションに応じる。当バーションはgitのTue Jan 31 12:11:14 2017 +0900のc07982b5dc1b3e61c395505faa297f717276a4e3コミットに応じる。

解説

新暦を旧暦に変関する。

関数

calc_kyureki

        @kyureki = calc_kyureki ($year,$mon,$day);

新暦に対応する、旧暦を求める。

呼び出し時にセットする変数 引数$year、$mon、$day: 計算する日付

戻り値 kyureki : 答えの格納先(配列に答えをかえす)

kyureki[0] : 旧暦年
kyureki[1] : 平月/閏月 flag .... 平月:0 閏月:1
kyureki[2] : 旧暦月
kyureki[3] : 旧暦日

get_rokuyou

        $rokuyou = get_rokuyou ($year,$mon,$day);

六曜算出関数

引数:新暦年月日

戻値:0:大安 1:赤口 2:先勝 3:友引 4:先負 5:仏滅

rokuyou_unicode

    my $rokuyou = rokuyou_unicode (2017, 1, 30);

六曜を漢字として求める。

この関数は0.07バーションから。

check_24sekki

    my $sekki = check_24sekki ($year, $month, $day);

今日が24節気かどうか調べる

引数 .... 計算対象となる年月日 $year $mon $day

戻り値 .... 24節気の名称または空のストリング('')

配布規定

   19.  配布規定について

    本当は、「一般常識の許す範囲で...」としたい所ですが、世の中には色々な人
  がいますので、ある程度の枠組みが必要なのは仕方の無いことなのでしょう。 と
  もあれ拙者が希望するのは以下のようなものです。

     i   本スクリプト・説明書を再配布する場合はオリジナルのアーカイブファイ
       ルに含まれるファイルを全て含み、オリジナルのスクリプト・説明書を改変
       しないで下さい。 また、 頒布の都合でアーカイブ形式(.arc  .zip  .zoo
       等)を変更する場合も同様に扱って下さい。

    ii   再配布する際の媒体に要するコストを除いて一切の金銭等の授受は禁止い
       たします。    (他の言語に移植したものを配布する場合にも適用いたしま
       す。)

   iii   他の言語に移植したり、  本スクリプトの一部または全部を引用して作成
       し、これを配布する場合には、オリジナルのスクリプトと本説明書を必ず同
       梱して下さい。
       その場合の著作権につきましては、引用した部分のみ著者に帰属し、その外
       は製作者に帰属します。

    iv   配布によって著作者が一切の制限を受ける可能性がないようにして下さ
       い。

  なお、 いづれの場合におきましても、承諾・転載の報告など一切不要といたしま
  す。

オリジナルのスクリプトと説明書

配布規定にしたがって、オリジナルのスクリプトはqreki.awk、説明書はqreki.docとしてディストロのサブダイレクトリoriginalsにある。Shift-JISのファイルが読めない場合は

    iconv -f CP932 -t UTF-8  originals/qreki.doc

    perl -MEncode -n -e "print encode_utf8 (decode ('CP932', \$_));" < originals/qreki.doc

などでUTF-8に変換してください。

作者

元々のスクリプトはH. Takanoさんが作った。 N. UenoさんがPerl conversionを作った。 このCPANヴァーションはベン・ブロックによる。

このCPANヴァーションの問合せなどはベン・ブロック(<bkb@cpan.org>)へお願いします。