Daisuke Maki
and 1 contributors

NAME

Gungho::Manuall::Install.ja - インストール

SYNOPSIS

  cpan> install Gungho

DESCRIPTION

Gunghoのインストール方法を説明します。

推奨環境

perl

perl 5.8以降を推奨します。5.6系でのテストは行っておりません。

OS

FreeBSD, Mac OSX, Fedora ES4でのテストを行っております。Windowsでは依存関係で ある一部のモジュールが動作しない可能性があります。

CPANからのインストール

もっとも簡単な方法はCPANシェルからのインストールとなります。

perl をインストール済みのマシンでインターネットに接続されているか確認した上、

  shell> cpan

  shell> perl -eshell -MCPAN

でCPANシェルを起動させてください。CPANシェルで"install Gungho"とタイプすれば 自動的にインストールが始まります。

  cpan> install Gungho

ソースからのインストール

最新ソースはCPANにアップロードされています。

  http://search.cpan.org/dist/Gungho

もしくはGoogle Codeのsubversionレポジトリから入手できます

  http://gungho-crawler.googlecode.com/svn/trunk/Gungho

ソースコードを展開した後、

  shell> perl Makefile.PL
  shell> make
  shell> make test
  shell> make install 

と打ってインストールしてください。

依存関係

Gunghoは様々なモジュール類を使って構成されているため、CPANにアップされている モジュールへの依存関係が多数あります。これらのモジュールはGunghoのインストール中 に必要かどうかの確認が画面に表示されます。例えばPOEエンジンを使うのであれば POE関連のモジュールをインストールするかという質問には"y"で答えてください。

  出力例:
  [POE Engine]
  - POE::Component::Client::Keepalive ...missing
  - POE::Component::Client::DNS       ...missing
  - POE::Component::Client::HTTP      ...missing
  - POE                               ...missing
  ==> Auto-install the 1 optional module(s) from CPAN? [y]