下野寿之 Toshiyuki Shimono

コマンド

  $0 datafile 
  $0 < datafile 
  cat datafile | $0 

オプションに関して

 [入力に関係するオプション]
 
    -= : 先頭行をヘッダ(列名の並びなどでありデータでは無い)と見なして処理
    -@ num : 入力ファイルを読む際に、何行毎に標準エラー出力に報告を出すか。未指定なら1000万行毎。
    -l ファイル名 : 個数を数える文字列の対象を含んだファイル名を指定する。出力順序がファイルの各行に記載の順序になる。
    -l は、プロセス置換 <( ) を使うと便利。; -l により、メモリを節約できる。; -l と -@ が共にあると、見つかった行数しかざたない。

 [出力のオプション]

    -f : 出現数で整列する    -fr なら逆順にする
    -k : キー文字列で整列する    -kr なら逆順にする
    -n : キー文字列を数と見なして整列する    -nr なら逆順にする
    -r : 上記を逆順にする。

    -s : 累和を出力
    -% : データ件数全体に対する割合を出力
    -1 : 個数を出力しない。出現したキー文字列のみ出力。
    -q : 最後の二次情報を出力しない。

    -y 数値範囲 : 頻度が指定回数のもののみ出力。例 -y 1..3 なら3以下。 3.. なら3以上。2,4,6..8 なら2と4と6,7,8。

 [派生のオプション]
     -x 切断位置 ; 
     -, str ; 入力区切り文字
 

その他: * freqfreq のような、頻度の頻度を出力するオプションを作りたい。オプションは -F で表したい。 * Ctrl+Cの挙動を文書化したい。