The London Perl and Raku Workshop takes place on 26th Oct 2024. If your company depends on Perl, please consider sponsoring and/or attending.

名前

Text::OutdentEdge - インデントの除去

バージョン

Version 0.01

概要

 use Text::OutdentEdge qw(xoutdent);
 
 print <<INDENT, xoutdent <<XOUTDENT;
   Hello, World!
 INDENT
   X Hello, Edged-Outdent!
 XOUTDENT
 # ==> print "  Hello, World!\n", "Hello, Edged-Outdent!\n";

エクスポート

このモジュールにはエクスポート可能な関数が2つあります.

関数

xoutdent

 my $text = xoutdent $in;
 my $text = xoutdent $in, $opts;

この関数は境界線付きインデントを除去します. 例えば:

 print xoutdent <<TEXT;
   X Hello,
   X World!
 TEXT

これは "Hello" と "World!" の2行を表示します.

この関数は2つの引数を取ります. 1つめは処理対象となるテキストで, これはきっとインデント されているでしょう. 2つめは省略可能で, ハッシュリファレンスを とります. 有効なオプションは以下の通りです:

indent => $regexp

各行で取り除くインデントを正規表現で指定します. デフォルトは qr/\s+/ です.

xchar => $regexp

境界線文字列を正規表現で指定します. デフォルトは qr/\S([ \t]|$)/ です.

chomp => $flag

chomp するかを指定します. 省略時は行いません.

trim => $flag

複数行の q{..} で出来る空白を削除するかを指定します. デフォルトでは削除します.

outdent

 my $text = outdent $in;
 my $text = outdent $in, qr/^ {4}/;
 my $text = outdent $in, $opts;

この関数は2つの引数を取ります. この関数の呼び出しは以下と同等です:

 xoutdent $in, { %$opts, indent => minimum-indent, xchar => '', }

2番目の引数に正規表現を渡したときには { indent = $regexp, xchar => '', }> として処理されます.

著者

山科 氷魚 (YAMASHINA Hio), <hio at cpan.org>

バグ

バグや要望は bug-text-outdentedge at rt.cpan.org 宛に 報告してください. 若しくは http://rt.cpan.org/NoAuth/ReportBug.html?Queue=Text-OutdentEdge にある web インターフェースからでもかまいません. そこから私に通知され, そして私が変更を行うことで報告頂いたバグの進捗を 自動的にあなたに伝えるでしょう.

サポート

このモジュールのドキュメントは perldoc コマンドで見ることが出来ます.

    perldoc Text::OutdentEdge

また, 以下の場所でも見ることが出来ます:

謝辞

著作権及びライセンス

Copyright 2006 YAMASHINA Hio, all rights reserved.

このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたは Perl と同じ ライセンスの 元で再配布及び変更を行うことが出来ます.